トップページ       キトサン溶液「ばら専科」     キトサン溶液「ばら専科」の使用法

横スマホ
スマホの方は横スマホでお読みください。




うどんこ病・黒点病対策液

うどんこ病・黒星病にお悩みのあなたに
年間の開花量を5割UP

    キトサン溶液「ばら専科」




希釈法


土壌灌水 
150倍液を作るには
1リットルの水+ペットボトルのキャップ1杯分の原液
葉面散布 
300倍液を作るには 
2リットルの水+ペットボトルのキャップ1杯分の原液





その1 土へ灌水します。(3月〜11月)

目的


no1 花がたくさん咲きます。四季咲きバラは四季咲き性が強くなります。
no2  シュートがよく出ます。枝(シュート)となる芽がよく発達するからです。


地植えのバラ 

150倍液を 大型のハイブリット・ティーとツルバラには 1.5リットル
フロリバンダと小型のハイブリット・ティーには 1リットル
小型のバラと幼株には  0.5リットル


月2回 土へ施しましょう。


鉢植え・プランター植えのバラ

鉢植え・プランターでは、150倍液を月2回鉢土へ灌水します。鉢底から流れ出たら止めましょう。




その2 葉面散布をします。(3月〜11月)

 (地植え・鉢植え)

目的


うどんこ病、黒点病、灰色かび病、べと病、さび病に負けない体力がつきます。 300倍液を週1回葉面散布します。 このときアグリチンキ36(またはアルム凛)を混合すると虫対策と病気対策が同時にできます。




その3 移植・定植には (地植え・鉢植え)

移植・定植の当日はたっぷりと水をほどこし根をおちつかせます。その翌日に....キトサン溶液の150倍液1リットルを1株にあたえます。




その4 挿し木に

挿し木の際にキトサン溶液300倍液を水代わりに灌水します。次のキトサン溶液での灌水はさし木日より10日目と20日目。キトサン溶液での灌水ですばらしく発根します。
これ以外で水やりが必要なときには水のみでしましょう。

.



その4キトサン溶液「ばら専科」とアグリチンキ36(またはアルム凛)との混合液の散布により、ほとんど農薬を散布しなくてもすむ場合もあります。減農薬に大いに貢献します。ご期待ください。

その1混合液の作り方(葉面散布)

2リットル
アグリチンキ36(またはアルム凛)  2cc
キトサン溶液「ばら専科」  7cc

その2混合液の作り方(土への灌水)

1リットル
アグリチンキ36(またはアルム凛)  0.5〜1cc
キトサン溶液「ばら専科」  7cc




ご使用上の注意点


〇キトサン溶液と他の資材との混合はできないとお考え下さい。ただしニームオイル・アグリチンキ36との混合は可能です。







クリックもとのページへもどります。