トップページ       有機バラ肥料「ローズサポーター」  ←  使用法

スマホ
スマホの方は横スマホでお読みください。





咲かないバラにはこの肥料
1年間保証
返金保証


花付きが今一つ少ない・シュートの出がいまいちの時に即効的な解決法があります。
水溶性マグネシウム入りの肥料を与えることです。


有機バラ肥料「ローズサポーター」



有機バラ肥料「ローズ・サポーター」の使用法   .......地植え/東京基準



寒肥


時期 1月〜2月上旬
施肥量 300g/株 
施肥方法 株から30〜40cm以上離して円状に土を10cm堀ります。
肥料と牛糞堆肥と土をよく混ぜ合わせてから掘穴にこれらを入れます。
終われば土の表面が湿る程度に水やりをします。



追肥


時期 1回目 6月上旬   2回目 8月下旬〜9月上旬
施肥量 各 150g /株
施肥方法 株から30〜40cm以上離して円状に土を数cm堀り、肥料をまきます。
土を埋め戻してから土の表面が湿る程度に水やりをします。



定植時

定植時には土を60cm以上ほりあげ、底に300g/株を施します。肥料が根に直接触れると根が傷みますので、肥料を含まない土を5cm程度その上に覆土しましょう。



有機バラ肥料「ローズ・サポーター」の使用法   .......鉢植え/東京基準


鉢植えバラには冬を除き毎月1回、鉢のふちをぐるりと5mmほどの深さに堀り、掘り穴へ肥料を施し、土を元通りにもどしてください。

南国で冬でも咲く地域では冬(12月〜2月)は下記量より少なめに与えてください。


植木鉢の号数 1回あたりの肥料の量
7号鉢=直径21pの鉢 20g 
8号鉢=直径24pの鉢 30g〜40g 
10号鉢=直径30pの鉢 50g〜60g 
12号鉢=直径36pの鉢 70g〜80g 

鉢栽培では有機肥料は元肥としとては使えません。有機肥料は土の中で発酵しはじめます。発熱し根を焼いてしまいます。もし鉢栽培で基肥を施したいのならマグアンプKのような化学系の緩効性肥料を与えましょう。




生産業者保証票記載事項

肥料登録する際に 農林水産大臣に次のように届けています。

肥料成分量> チッソ6%
リン酸6% 
カリ6%
水溶性マグネシウム2%
原料の種類 1.菜種油粕・大豆粕
2.オール14・有機pk化成
3.水溶性マグネシウム25%
4.蒸製骨粉
5.塩化カリ
6.硫酸アンモニア
生産者・生産した事業場 山田産業有限会社
鹿児島市南栄4丁目5−2
有機率 80%以上




クリック前のページへもどります。