トップページ       アグリチンキ36  ←   使用法

横スマホ
スマホの方は横スマホでお読みください。





アグリチンキ36


バラゾウムシ  バラゾウムシ

 バラの害虫 ハダニ  バラの害虫 アブラムシ  うどんこ病は自然農薬で アグリチンキ36
 ハダニ  アブラムシ  うどんこ病
チューレンジバチ   バラの害虫 カイガラムシ  青虫
チュウレンジバチ   カイガラムシ  毛虫・青虫



完全とはいえませんが.....バラゾウムシとチュウレンジバチの被害が集中する時期に週2回散布すれば、かなり被害は減ります。

やるだけの価値はあります。




カイガラムシ アグリチンキ36を週1回散布しているバラにはカイガラムシは見られません。
もし発生したとしたらそれはアグリチンキ36の散布液がかからないところがあるからです。
葉・枝・幹の裏表をくまなく丁寧に散布すれば発生は止まります。
チューレンジバチ 週1回枝・幹に丁寧に散布するとチューレンジバチの産卵は激減します。
被害を従前の5分の1から10分の1程度にまで抑えることは十分に可能です。
アブラムシ・ハダニ 毎週1回 葉面散布しているバラにはアブラムシもハダニも寄ってこないようです。
発生したときには500倍液を3日間隔で数回散布してください。
うどんこ病 毎週1回散布する株にはうどんこ病はほとんど出ません。 
すでに発生しているうどんこ病については1回のみ500倍液を散布してください。拡散しなくなります。

ナメクジ・カタツムリ バラの土にしみこませる、葉面散布するとナメクジやダンゴムシは寄ってきません。



使用法


使用上の注意点


効果が不十分なら理由があります。

安全性





クリック前のページへもどります。